在宅時の場合

単身赴任生活においては、ほとんどの方が自分の不在時にサービスをお願いすることとなるでしょう。しかし、急な休みや休日などで、自宅にいる場合はどうすればよいのでしょうか。

自宅に一人いるときに、女性の家政婦が一人やってくることについて、気を使う人も多いのではないでしょうか。家政婦の側からしても、男性宅に一人であがるのは仕事とはいえ抵抗があります。
そういった場合、家事代行サービス事業者では、女性二人でサービスを行う場合もあります。こういった場合、料金が変わったり短時間のサービスとなりますので、事業者とよく相談することが重要です。
急に自宅にいる場合などは、家政婦や家事代行事業者に連絡を入れておいた方が親切です。また、日にちを振り替えられるか相談するのも良いでしょう。
前もって連絡をいれれば、無料で日にちを振り替えられところも多くあります。家政婦紹介所で家政婦を依頼している場合、個人との契約になりますので、二人でのサービスなどの対応は難しいでしょう。
反対に、個人との契約故に時間や日時の変更を臨機応変に対応してくれるかもしれません。その場合は、日頃からの家政婦との信頼関係がカギとなります。

急な在宅には必ず家政婦や事業所に連絡を入れ、対応してもらえるか確認することが重要です。

【コンテンツ】