追加でかかる料金

何かと失費の多い東京での単身赴任生活において、できるだけ費用の負担を少なくしたいと考えている方も多いと思います。家政婦、家事代行を頼むときにかかる可能性のある、追加でかかる料金を紹介していきます。

まず、入会金をとるところがあります。これは一度だけでよいのですが、短期間で利用したりする場合などには要注意です。また、年会費を別にとったり、登録料がかかるところもあります。
他には、受付事務費、消費税、キャンセル料、時間外料金、週末割増料金、物品補償金などもあります。また、鍵預かり費用などもあります。これは、よりセキュリティの高いシステムや管理を行っている事業所でかかる場合があります。これらの諸経費が、すべてかからないところもあります。

家政婦や家事代行の料金とは別にかかるものがあるかは、契約時によく確認しなければなりません。料金設定は家政婦紹介所や家事代行サービス事業者によってさまざまです。独自の条件を設けているところもあり、契約時の確認は必須です。
どのくらいの料金で行って欲しいのか、行って欲しいサービス内容を明確にし、数社の紹介所や事業者で見積もりを取るのも良いでしょう。
見積もりの時点では、料金は発生しません。初めは手間がかかりますが、自分の理想の生活を手に入れるためには重要なこととなります。

【コンテンツ】