家政婦への気遣い

家政婦に来てもらうとき、お茶出しやチップなどは必要なのでしょうか。基本的には必要ありません。
その分、料金の中に含まれていると考えてよいようです。しかし、家政婦や家事代行は人と人とのやりとりだということを忘れてはいけません。
料金を支払っているとはいえ、家政婦への心遣いは必要です。不在時のサービスのため、顔を合わすことがないかもしれません。
そんな時でも、一言でも感謝や相手を思い遣る言葉をメモ書きなどを残せばスマートでしょう。家政婦も人間ですから、感謝をされればやりがいもわいてきます。また、何かお願いや注文をしたり変更してもらうときに、言いやすくなります。

家政婦への心遣いは言葉やメモ書きだけではありません。貴重品や高価なものなどは片づけておくのがマナーです。これは相手への心遣いだけでなく、トラブルを回避することにもつながります。
また家政婦は女性ですので、男性向け雑誌や脱いだ下着なども出しっぱなしにしないのが無難です。一般的に考えて不快に感じるこは、家政婦との間でも同じです。

最低限のマナーを守り、家政婦と信頼関係を築いていきましょう。よりよいサービスを受けるには、ちょっとした心遣いが必要です。

【コンテンツ】