キャンセルはできる?

忙しいビジネスマンは、急に出張となったり急に食事が要らなくなる場合などと、予定が変わることが多々あると思います。予定が流動的なビジネスマンは、家政婦との約束を急に変更しなければいけなくなるかもしれません。そういったときには、家政婦や家事代行のキャンセルは効くのでしょうか。

前日キャンセルまでは、かかるところとかからないところがあります。
かかるところだと、20パーセント+紹介手数料といった一部の料金かかるところもあります。かからないところも多々あり、ほかの日に振り替えられたり、同等のサービス券で返金してくれるところもあります。

当日キャンセルだと、大多数のところで100%のキャンセル料がかかります。さらに、家政婦が出た後のキャンセルは、交通費までも上乗せされます。
少数ですが、かからないところもあります。また、全額ではなく20パーセント+交通費というところもあります。

前日の営業時間内まではキャンセル料がかからず、当日は100%というところが、最も多いパターンとなっています。
仕事が忙しく流動的なビジネスマンほど、毎日の家事をこなしていくことは大変です。大変な人こそ、家政婦や家事代行は価値があります。
仕事が流動的で予定が組めないという方は、このキャンセル料の違いで家政婦を決めてみるのもよいかもしれません。

【コンテンツ】