フィリピン人の家政婦

女性の進出や少子高齢化対策の一環として、安倍晋三首相は外国人の家政婦の受け入れを始めています。増えてきた外国人の家政婦について説明していきます。

受入国は限定していないのですが、実際にはフィリピン人が多いようです。フィリピン人の家政婦は、世界各国で高い品質が支持されています。フィリピン人の家政婦がなぜ多いのでしょうか。
まず第一にあげられることは、フィリピン政府が国策として出稼ぎをすすめているのです。
10人に1人が海外で働いており、GDPの10パーセントが海外から送金されています。職業訓練や人材育成に政府が力を入れ、国内には4000もの職業訓練校があるというのです。
その職業訓練校で学んだ人々が、日本の受け入れによって多く訪れています。また、もともと国民性が献身的でホスピタリティにあふれているといいます。
家政婦では、そのホスピタリティが大いに重宝され、様々な国で高い評価を得ているのです。さらに、日本語や英語が話せる人も多く、日本の家庭でもフィリピン人の家政婦は力を存分に発揮しています。

世界的に評価の高く、ホスピタリティにあふれたフィリピン人の家政婦を、ぜひ一度体験してみるのもよいかもしれません。

【コンテンツ】