家政婦の最低料金は?

家政婦を頼みたいけれど、料金が高くて頼めないという人もいると思います。確かに、東京での単身赴任はお金の悩みを抱える人も少なくありません。
都市部の家政婦や家事代行は、価格競争が始まっており、低価格を売りにしているところもでてきています。ここでは、値段重視で家政婦を頼むとしたらどのくらいかを検証していきます。

家政婦紹介所と家事代行サービス事業とを比べると、個人契約の家政婦より、家事代行サービスの方が若干安いようです。安さだけを求めるなら、家事代行サービスに軍配があがります。

家事代行サービス事業者で、価格を重視したプランというのは、ほとんどが同じような条件となっています。
まず、安いプランの場合はスタッフの指定ができません。事業所がスタッフを選任することとなります。
また、自宅の洗剤や掃除道具を使って行うことが条件となっている場合もあります。ほとんどが、掃除や洗濯に重点をおいており、料理などのサービスをおこなっていません。不在時のサービスができない場合もあります。

条件は細々ついてきますが、掃除や洗濯だけでよいという方には、とてもお得なプランがあります。
具体的な料金をあげていきます。
A社 2時間¥5,000+交通費、B社 2時間¥4,700+交通費、C社 2時間¥4,800+交通費。
最低ラインが交通費を含めて¥6,000〜といったところでしょうか。週1回来てもらうと、月々¥24,000ほどで来てもらうことが可能だということになります。東京には事業所もたくさんあるので、自分に合ったプランを見つけましょう。

【コンテンツ】