プライバシーの問題

家政婦や家事代行サービスを受けるとき、自宅の鍵を渡すこととなります。また、自分の部屋の中を掃除してもらうわけですから、自分の私生活を見せることとなります。
ここで気になってくることは、プライバシーの問題です。ここでは、家政婦紹介所や家事代行サービス事業者のプライバシーへの取り組みをみていきます。

多くの紹介所や事業者が行っていることは、家政婦の教育です。清掃の技術等の家事全般の研修はもちろんのこと、接遇マナーやプライバシーに関することまで教育しているところが多々あります。
信頼をされて初めてできる仕事のため、プライバシーに関する守秘義務を守ることは、経営存続と直結しているためでしょう。また、万が一何か不都合があった際のための損害保険にはいっているところも多々あります。
鍵の管理に関しては、システムにデータ登録をし、どこに鍵があるのか分かるように徹底している業者もあります。

契約する際には、重要事項説明、損害保険、鍵の管理など、しっかりとチェックすることが必要です。万が一のことについて、事前に聞いておく方が良いでしょう。
東京などの都市部では、プライバシーに関して特に注意が必要です。快適な単身赴任を送るために、紹介所や事業所をしっかり見極めることが重要です。

【コンテンツ】