利用までの流れ

家政婦は、不在時に家の中に招き入れるため家政婦選びはとても重要です。ここでは、家政婦を決めるまでの流れをみていきます。

家政婦紹介所や家事代行サービス事業者により、多少の違いがありますが、一般的な例を紹介します。
まず、家政婦紹介所に多いパターンです。紹介所や事業所に問い合わせをします。希望の日時、頼みたいサービスなどを伝えます。その後、希望に沿った家政婦を探してもらいます。家政婦と事前に面接、顔合わせを行い、自分の希望のサービスをしてもらえるかを確認します。

次に、家事代行サービス事業者に多いパターンです。希望の日時、頼みたいサービスなどを伝えます。コーディネーターが電話、もしくは自宅を訪れるなどして、最適なプランを提案されます。その後、コーディネーターがスタッフを派遣してくることとなります。
家事代行サービス事業者では、事前に実際に訪れるスタッフと会えないこともあります。そのために、一度目のサービス提供の後にアンケートを行い、お客様の希望を聞いてくれるなど、アフターフォローが充実していることが多くあります。合わない場合は、スタッフを変更してもらえるなどの対応をしてもらえます。

実際に家政婦と会って自分の目で確かめたい、スタッフはすぐに希望に合わなければ交換してほしいなど、自分にあった方法を行ってくれるかどうか、依頼する前に問い合わせてよく確認しましょう。

【コンテンツ】