家事代行との違い

家政婦を頼もうと思った時に、家政婦紹介所と家事代行サービス業者の違いが分からず、困惑するのではないでしょうか。
インターネットで「家政婦」と検索すると、家政婦紹介所と家事代行サービス業者がごちゃまぜででてきます。一見すると、事業内容は同じように見えます。
ここでは、家政婦と家事代行サービスのちがいについて説明していきます。
まず、第一に雇用形態が違います。
家政婦は、家政婦紹介所から紹介され、家政婦とお客様の直接的な雇用契約となります。家事代行サービス業者は、家事代行サービス業者と雇用契約を結んだスタッフが、お客様のお宅へ伺うこととなります。

それぞれの特徴をみていきます。家政婦は、個人との契約のため、いつも同じ人が来てくれます。
そのため、自分に合った家政婦を見つければ、臨機応変に様々な希望を叶えてくれるに違いありません。信頼関係を築くことができ、お互いの同意が得られれば、様々なサービスを頼むことができるでしょう。一般的な家事の範囲を飛び越えて頼むことも可能かもしれません。

家事代行サービス業者は、契約内容を絞り込めば、それに適したスタッフを派遣してもらうことができ、効率よくサービスをしてもらえます。また、器物破損、物品の紛失、プライバシー情報の漏えいなど、何かトラブルが起きたときには、家事代行サービス業者が責任を持って対応してもらえます。
サービスを依頼する前に、事業形態や雇用形態がどのようになているのかよく確認してみましょう。それぞれの特徴を理解し、自分に合った紹介所や家事代行サービス事業者を見つけることが、重要となります。

【コンテンツ】